ツムラの処方薬防風通聖散62と通販で買える1062の違いとは?

ツムラの処方薬防風通聖散62と通販で買える1062の違いとは?

ツムラの処方薬防風通聖散62と通販で買える1062の違いとは?

 

漢方薬で知られている製薬会社のひとつ、ツムラが処方している防風通聖散には、病院で処方してもらうことができる「防風通聖散62番」と通販やドラッグストアなどでも購入する事ができる市販薬である「防風通聖散エキス顆粒1062」があります。

 

これら2つは、同じような効果を持っている同じ漢方なのですが、違いとしては処方薬かそうではないかというところと、含まれている成分の量(濃度)に違いがあります。

 

 

ツムラの処方薬防風通聖散62

 

まず病院で処方される防風通聖散は、医療用の医薬品に分類されているため、保険が適応されているので安価で購入する事ができるというメリットがあります。

 

さらに、医療用なので市販されている1062よりも漢方の成分が多く含まれています。

 

漢方処方の最大量である量が入っていて、これを満量処方と言います。

 

効果が高いと言うところが魅力なのですが、あくまで医療用としての処方薬なので、利用するためには医師の診断と処方せんが必要になっています。

 

なのでダイエット目的でも処方してもらえるかどうかと言うところは医師の判断によるものが大きくなっているので、誰でも手軽に入手する事はできません

 

防風通聖散62をもとめて病院へ行っても、処方されないという体験をしたという方もいるのです。
ツムラの漢方薬62番【防風通聖散】は通販で買える?

 

 

ツムラ防風通聖散エキス顆粒1062

 

それに対して通販などで購入する事ができるエキス顆粒(1062)は医薬品ではありますが、処方薬としての防風通聖散と比べると約半分の漢方生薬が使われています

 

ですが、生薬の量を半分にすることによって市販の漢方薬としてどこでも取り扱うことができるようになっているので、医師の診断や処方せんがなくても手軽に購入する事ができるのです。

 

その変わりに、効果は半分、値段は64包(32日分)で3100円程度でやや割高な感じはしてしまいます。

 

このように処方薬としての防風通聖散も、市販薬としての防風通聖散も効果があると言う面では同じなのですが、その効果は半分程度。医療用として治療目的で使用されるのか、一般の人でも買える効果がゆるめのダイエット目的で使用されるのかと言う取り扱いの点で大きな違いがあります。

 

まとめると、
処方薬の防風通聖散62番は、生薬が最大量配合されている。病院以外で購入する事はできないが、運良く購入できた場合は保険がきくので安い

 

エキス顆粒1062の方は、誰でも購入できる分、生薬量が半分。効果が半分程度になってしまい、割高になる

 

ただ、効果の高い満量処方の防風通聖散を、ネットで購入するという裏技(?)も存在するので下記で紹介します。

 

 

満量処方の防風通聖散をネットで買う方法

 

ツムラではない会社が出している満量処方の防風通聖散ならネットで買うことが可能です。

 

こちらは効果は処方薬と全く同じで、少しだけツムラよりは価格が高い(30日分で3900円〜)ですが、病院へいって処方されないというリスクを取りたくない人や、しっかりと効果が高い防風通聖散が欲しい人にはおすすめです。

 

また、ツムラの62番はまとめて買えないので、その都度病院へいくという手間と診察料を考えると、まとめ買いができるこちらはその分お得ではあります。おそらくネットで買える満量処方の防風通聖散としては、最安でしょう。

 

おすすめの防風通聖散【初回キャンペーン】はこちら

 

 

実は防風通聖散は各社から販売されています。色々な防風通聖散を比べてみたい方は、どれがおすすめ?各社の防風通聖散を比較!をご覧ください。

 

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加