防風通聖散料エキス錠「至聖」 口コミ 効果

北日本製薬の防風通聖散料エキス錠「至聖」の口コミと効果、特徴まとめ

知る人ぞ知る北日本製薬の防風通聖散「防風通聖散料エキス錠「至聖」」。

 

北日本製薬ではイチオシの防風通聖散「至聖」の口コミと効果を紹介します。

 

 

効果イマイチ?悪い口コミ

飲んで初日に下痢を起こしました。何かしら体に聞いているということは分かるのですが、何度もトイレに行かなければいけないため結構きつかったです。休みの日に飲めば良かったなと。
他にも軽い腹痛や胃の不快感があったので私には合わないと感じました。

有効成分が6000mgとあるのですがこちらは満量処方なので、結局のところ生薬量としては、他とも同じ27.1g。 調べてみると有効成分の多さは添加物の多さでもあるということ。

 

使っている成分としてはナイシトールやロート製薬のものと変わらないのが残念でした。

ナイシトールより安いため購入しました。
効果は便通が良くなり、運動時の発汗がよくなりました。
同様の商品も同じことがいえますが、この薬で痩せるかというと痩せませんでした

 

代謝と便通が悪い人で、痩せたいと思う人には補助的に使用するのは良いと思います。

 

効果あり!良い口コミ

満量処方の6000mg、こちらの製品が一番処方量が多かったので購入しました。
他人から見ても、おなか周りがすっきりしたと言われました。

食事制限と週に2回のウォーキング30分を併用しましたが、1ヶ月で体重を4kgほど落とすことに成功

 

便通も良くなり体も軽くなったのでもう少し続けたいと思っています。

3日ぐらい便秘になるのは普通ですが、2日目にお通じが来たたので便秘の改善効果はありました。
そのまま1ヶ月続けて、体重は-2kg、体脂肪率は-3%。特に運動とかしていないので満足できるレベルです。

 

防風通聖散料エキス錠「至聖」の口コミまとめと補足

防風通聖散は医薬品なので副作用的なものが出てしまう方も一定数はいます。

 

副作用としては胃の不快感、腹痛、吐き気、 食欲不振、発疹、発汗、動悸などがあります。

 

また、効果がない、全然痩せないという方も一部あり、 こちらは防風通聖散が体に合っていないタイプだと思われます。

 

防風通聖散が効きやすい人は、体力があって、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちな人です。

 

北日本製薬の防風通聖散料エキス錠「至聖」の口コミと効果、特徴まとめ

 

見た目にも普通体型でしょ?というような人が、お腹の脂肪だけを落としたいというようなダイエット感覚で使用すると、効かないこともあるでしょう。

 

また、口コミにもあるように、防風通聖散では有効成分の量がダントツで6000mg入っています。

 

ただし、これには注意が必要です。もともとの生薬の量である原生薬量は27.2gだからです。

 

それに添加物を加えたものが有効成分量になるので、有効成分量が多いのが効くという理解は間違いです。原生薬量で比べると、主要な満量の防風通聖散と同じで、効果としても全く同じです。

 

 

防風通聖散料エキス錠「至聖」の特徴

 

防風通聖散料エキス錠「至聖」の特徴は、有効成分量が多い=良いのではなく、むしろ、満量処方なのに値段が安いというのがおすすめできるポイントです。

 

ロートの防風通聖散やナイシトールよりも価格が安い設定なので、値段を気にする方には乗り換えも良いです。

 

デメリットとしては先述のように、ナイシトールZなどよりも添加物が多くなること、小分けができず持ち運びがしにくいことが挙げられます。

 

有効成分量や生薬量などの比較はこちらをご覧ください。

どれがおすすめ?各社の防風通聖散の違いと比較!

 

 

防風通聖散料エキス錠の他シリーズとの違い

北日本製薬の防風通聖散料エキス錠「至聖」の口コミと効果、特徴まとめ

北日本製薬の防風通聖散料エキス錠のシリーズは他にもあり、至聖(満量)⇒創至聖(2/3)⇒東亜(1/2)の順で処方量が少なくなり、効果が優しくなっていきます。

 

効果の一番高い処方は「至聖」の満量です。

 

至聖、創至聖、東亜 などシリーズの他商品と比較する方はこちら

 

 

薬局・楽天など販売店と通販

 

北日本製薬の防風通聖散シリーズは、知名度はそんなに高くなく、販売しているかどうかは薬局によるでしょう。私の近所のドラッグストアーでは売っていませんでした。どこの薬局でも置いてあるような商品ではないと思います。

 

購入は楽天、Amazonなどの通販が安いので、最安値を探して買うとお得です。ただし送料を含めて比較しましょう。

 

▼防風通聖散料エキス錠 至聖の最安値を探す▼

 

 

コスパが一番良いのはどれでしょう。他の商品とも比べてみたい方は、下記もご覧ください。

 

どれがおすすめ?各社の防風通聖散の違いと比較!

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加