ナイシトールZ、Gなど3種類の徹底比較表!成分・値段の違いなど

ナイシトールZ、Gなど3種類の徹底比較表!成分・値段の違いなど

 

CM でよく放送されている小林製薬のナイシトールシリーズ。

 

このシリーズはナイシトールZ、ナイシトールG、ナイシトール85aと3種類あるのですか、これらの違いは何なの?どれがおすすめ?という方のために成分・値段の違いなどを比較表でまとめました。

 

違いはすごくシンプルなことなので、表で比べるとわかりやすいかと思います。

 

ナイシトールの防風通聖散比較表

 

商品名 購入方法 価格 入り数 1日当たり 有効成分量 原生薬量 処方量 形状

①ナイシトールZ
通販、薬局など 6,000円 315粒(21日分) 285円 5000mg 27.1g 満量 錠剤

②ナイシトールG
通販、薬局など 5,200円 336粒(28日分) 186円 3100mg 16.77g 6/10処方 錠剤

③ナイシトール85a
通販、薬局など 4,500円 280粒(28日分) 161円 2500mg 13.55g 1/2処方 錠剤

 

①ナイシトールZ

 

こちらが小林製薬の代表的な防風通聖散。ナイシトールシリーズでも一番推している防風通聖散です。
テレビCMで松重豊さんが手に持ってアピールしているのも「ナイシトールZ」です。

 

 

5000mgの有効成分量で、27.1gが原生薬の量です。これが、漢方レシピで定められた1日分の生薬の最大量で、これを満量処方と言います。(原生薬については防風通聖散の比較の3つのポイント参照)

 

医療用と同じ生薬成分で作られた防風通聖散です。かなり効果が期待できます。

 

防風通聖散に最大の効果を求める方や、体力のある男性などは、満量処方の防風通聖散を手に入れるのがおすすめです。

 

ナイシトールZの最安を探す
Amazonでチェック
楽天市場でチェック

 

②ナイシトールG

 

こちらがナイシトールG。ナイシトールZよりは一回り少ない成分量となっています。

 

1日に推奨される生薬量のうち、16.77gが原生薬の量で、満量の62%ほどです。

 

これが何を意味するかというと、それだけ効果が弱く、体に優しい処方ということです。

 

お腹の弱さが心配な方や、まずは効果の軽い防風通聖散を試したいという方は、ナイシトールGの方が良いかもしれません。

 

ナイシトールGの最安を探す
Amazonでチェック
楽天市場でチェック

 

③ナイシトール85a

 

ナイシトール85aでは、Gよりもさらに少ない成分量となっています。
シリーズの中では一番効果が優しく、半分量の処方です。

 

この半分量の防風通聖散のは各社けっこう出していて、ツムラの防風通聖散エキス顆粒1062や、クラシエの漢方防風通聖散料エキスFC錠なども同じ量です。

 

ナイシトール85aの最安を探す
Amazonでチェック
楽天市場でチェック

 

 

ナイシトール防風通聖散比較まとめ

ナイシトールシリーズは全てが錠剤タイプで処方量が違うだけというわかりやすいラインナップです。また、比較表を見てわかるように、効果が高い防風通聖散ほど値段が高くなっていますので、予算と効果の度合いで選ぶのが良いでしょう。

 

ちなみに小林製薬は有効成分量を推していますが、有効成分というのは添加物も含んだ量なので、有効成分よりは原生薬量の方が大事です。(⇒防風通聖散の比較の3つのポイント参照)

 

3つの中ではナイシトールZが効果が一番高くおすすめなのですが、このシリーズは有名で信頼感がある分、他メーカーより値段が高いのがデメリットでもあります。ナイシトールZでネット最安値で4200円程度です。

 

他のメーカーでは、満量処方のものでもっとお得な防風通聖散があったりします。各社の防風通聖散を比較を参考にお得なものを探してみることをおすすめします。

 

どれがおすすめ?各社の防風通聖散を比較!

 

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加