防風通聖散の効果・効能と副作用は?飲んではいけない人など

防風通聖散の効果・効能と副作用は?飲んではいけない人など

防風通聖散とは、主に肥満症で悩んでいる人に使用する、生薬がたくさん配合された漢方薬の事です。

 

防風通聖散の効果・効能は体の熱を冷ましてくれて、病気になる原因を散らしてくれるような働きがあります。

 

また、体の水分を循環する働きも改善してくれるので、便通がよくなったりもします。具体的に服用をするとどんな効能があるかというと、肥満症の改善や、肩こりや便秘の解消、肌のむくみの改善、発汗作用を促したりもします。

 

また、食欲の抑制効果や、体の基礎代謝能力の向上、尿量の減少を改善する働きもあると言われています。他にも、高血圧や腎臓病、糖尿病の人にも体の体質改善の為に使用されています。

 

一方、気になるのは副作用ですが、漢方薬にもあります。
服用した全ての人に当てはまるという訳ではありませんが、中には吐き気や腹痛、胃のむかつきや下痢等を起こす人がいます。

 

また、発疹やかゆみが出たり、不眠になったり動悸がしたり、イライラしたりする症状が出る人もいます。他にも大量に服用する事で、息切れが起きたり、発熱したり血圧が上昇したり、手足に痺れや痛みが出たり、肺炎を起こしたという報告もありますので、服用する時は医師の言う事を聞いて用法用量を守って使用する必要があります。

 

また何か異常があった場合はすぐに服用を止め、医師に相談する事が大事です。

 

この防風通聖散は、基本的に体力が一定以上ある人用なので、虚弱体質であったり、特に汗をたくさんかきやすい体質であったり、胃腸が弱い人には向いていないので、そういう人は控えたほうがよいです。

 

漢方薬の特徴は、体全体の調子を整えて病気を治していくという形です。単に病気の症状だけではなく、体の体質も見ていかなければなりません。

 

一方西洋医学は、悪いところをピンポイントで見つけて治療していくという形なので、正反対と言えます。体の体質を改善していきながら健康になりたいという人に漢方を用いるのはピッタリと言えます。

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加