防風通聖散 効果なし

効果なし?なぜ防風通聖散の効果が出ないの?

 

漢方の中でも肥満の解消に効果があると話題の防風通聖散ですが、中には効果を感じられないという人がいるかもしれません。

 

防風通聖散を飲めば必ず痩せるというわけではなく、いくつかのことに気を付けなければせっかく防風通聖散を飲んでも効果を感じられない可能性があります。

 

どんな理由で防風通聖散を飲んでも痩せられないのかをまとめてみましたので、これから防風通聖散を飲もうと考えている人はこれらのことに気を付けて、防風通聖散を飲んでも効果が出ないと悩んでいる人は自分が当てはまらないかチェックしてみてください。

 

 

効果が出ない、そんな人が気を付ける3つのポイント

 

効果が出ないと悩んでいる人にチェックしてほしいポイントは3つあり、どれも重要なのでしっかり知っておくことをおすすめします。

 

防風通聖散が自分の体質に合っていない

 

防風通聖散は胃腸が弱かったり体力がなかったりすると、体への負担が大きく効果も出ず、副作用が出てしまう可能性があるんです。

 

特に副作用として多くの人に現れやすいのはむくみ下痢などです。防風通聖散を飲んでもこれらの症状が出てしまうようであれば、まずは1日に飲む量を抑えることです。(例えば半分の量にしてみるなど)それでも体に合わなければ摂取するのを控えた方が良いかもしれません。

 

飲む期間が短い

 

防風通聖散は特効薬ではありあませんので効果が出るまでどうしても時間がかかってしまいます。

 

防風通聖散を飲み始めて1日や2日で効果が出るわけではないので、そこで効果が出ないからとやめてしまってはもったいないです。

 

少なくとも1か月は継続して飲むようにし、効果が出てくるのは最低でも1週間程度かかるということを理解しておきましょう。

 

食事制限や運動を行っていない

 

簡単に何もせず脂肪を減らす効果が防風通聖散にあるわけではありません。新陳代謝の向上やむくみの解消などで痩せやすい体を作ることが防風通聖散の効果です。

 

それなのに暴飲暴食を続けたり、運動を全くしなかったりすると、当然脂肪燃焼の効果は得られません。

 

防風通聖散を飲んでいるからと油断せず基本的なダイエットは行わなければなりません。

 

 

どのくらいで防風通聖散の効果が出るの?

 

副作用などは少ないですが、その分効果が出るまで時間がかかるのが漢方の特徴です。その間飲んだり飲まなかったりでは意味がありません。毎日しっかり継続して飲むように心がけましょう。

 

他の漢方よりも比較的早く効果が出ると言われている防風通聖散ですが、効果が出るまでに1か月から3か月は必要と言われています。

 

この間ただただ防風通聖散を飲んでいるだけではなく、食事内容を改善したり、運動を定期的に行ったりするようにしましょう。

 

また、効果が出ないからと焦ってたくさん防風通聖散を飲むのはやめましょう。たくさん飲んだからといって効果がでるわけではありませんし、副作用が出てしまう可能性があります。

 

必ず用法用量は守るようにしましょう。

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加