防風通聖散 比較

防風通聖散が肝臓に与える悪影響と予防法

 

新陳代謝を向上させたり、食欲を抑えたりしてダイエットを強力にサポートしてくれる防風通聖散ですが、副作用があるという噂を耳にします。

 

特に肝臓への負担があるとよく言われていて、少し心配の人もいるのではないでしょうか。

 

体の中から改善して、脂肪を燃焼しやすい体にしてくれるというのが魅力なのに、副作用があったのでは本も子もありません。

 

では、防風通聖散がどのような影響を肝臓に与えるのかをまとめてみたいと思います。

 

 

防風通聖散が肝機能障害の原因になる可能性がある

 

副作用がないというイメージを漢方にもっている人もいるようですが、それは正しくありません。確かに西洋薬よりは副作用になる可能性は低いようですが、漢方にも副作用はあります。

 

防風通聖散にもいくつかの副作用があり、特に問題視されているのが肝機能障害と呼ばれる肝臓への影響です。

 

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれており、多少の問題がでても肝臓が働きを止めてしまうと大問題なので無理をして働いてしまうのです。

 

そのため、肝機能が低下してしまっても自覚症状が出にくく、自覚症状が出たとしてもただの体調不良と勘違いしている人が多いそうです。

 

尿などに症状が出てしまってからでは病気がすでに進行してしまっているということも多く、定期的な健康診断などで気を付けておかなければいけません。

 

褐色尿以外には倦怠感や発熱、黄疸なども肝機能の低下によって引き起こされる症状ですので、注意しておきましょう。

 

肝機能障害の原因は何?

 

肝機能障害を引き起こしてしまうのはオウゴンと呼ばれる生薬です。必ずオウゴンは防風通聖散に含まれているので、避けることはできない成分です。

 

具体的にどのくらいの期間で肝機能障害が起こるかは様々です。服用してから数か月で出た人もいれば、数日で出た人もいます

 

なので、防風通聖散を飲んでいる間は肝機能障害の症状が出ていないか気にかけるようにしておきましょう。

 

 

予防する方法はある?

 

肥満外来でも処方されることがあるくらいの漢方なので、肝機能障害に気を付けながら防風通聖散を利用したい、という人は多いと思います。

 

そういう場合は、しっかりと予防することが大切です。予防法として一番大切なのは用法用量を守るということです。

 

効果を早く出したいからといってたくさん飲む人もいるようですが、効果は飲む量を増やしても変わりませんし、副作用の可能性を高めるだけです。

 

また、漢方は体質に合っているかどうかも大切です。特に防風通聖散は虚弱体質や体力がない人には向いていないと言われていて、肝機能障害は肝臓が弱い人が防風通聖散を摂取すると引き起こされてしまう恐れがあります。

 

具体的にどのような症状がある人が防風通聖散による副作用の恐れがあるか以下にまとめてみます。

 

  • 甲状腺機能亢進症 排尿障害
  • 腎障害 重症高血圧症
  • 狭心症 心筋梗塞など
  • 病後の体力が低下している時期
  • 多汗症
  • 嘔吐 悪心 食欲不振
  • 胃腸虚弱 軟便 下痢

 

これらの症状がある場合、どうしても服用したいなら医師に相談するのがいいでしょう。

 

当サイトでおすすめの防風通聖散のショップでも、電話相談に応じてくれますよ。

 


⇒生漢煎防風通聖散の【初回半額】キャンペーンはこちら

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加