防風通聖散 運動 相乗効果

防風通聖散と運動は併用するべき?相乗効果の高い運動がコレ!

 

ダイエットと聞いて真っ先に運動を思い浮かべる人は少なくないのではないでしょうか。
ダイエットはやっぱりつらい思いをしないといけないと思ってしまいますよね。
防風通聖散は確かに脂肪燃焼を助けてくれるんですが、好き勝手な生活をしていても必ず痩せるというわけでもありません。

 

防風通聖散を飲んでいても運動するべきなのかについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

防風通聖散を飲んでいるときでも運動しよう!

防風通聖散だけで痩せたい…、そんな気持ちはよくわかるんですが、それだけでは痩せにくい人もやっぱりいます。

 

特に食事量が多い人や飲酒を頻繁にする人は防風通聖散だけで痩せるのは難しいと思います。
防風通聖散はあくまでも脂肪の燃焼を促す作用なので、その防風通聖散の効果以上に脂肪を増やしてしまうと、太っていってしまうんです。
つまり、防風通聖散を摂取しているからといって油断してはいけないということです。

 

逆に言うと、防風通聖散と組み合わせて食事量を減らしたり運動したりするとより早く痩せることができます!
早く痩せたいという人は多いと思いますので、積極的に運動をするようにしましょう。

 

運動をする、といってもいろんな運動があるのでどの運動をすればいいのかわからないという人も多いんじゃないでしょうか。

 

そこで、どんな運動が防風通聖散と組み合わせるのにおすすめなのかまとめてみました。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

有酸素運動が脂肪燃焼にはおすすめ!

脂肪は燃焼されてエネルギーになります。ですので、よりエネルギーを使う運動をすれば脂肪がどんどん燃焼されていくことになります。

 

有酸素運動と無酸素運動の2つの種類がありますが、よりエネルギーを消費して脂肪を燃焼することができるのは有酸素運動です。

 

無酸素運動でもエネルギーを消費できるんですが、有酸素運動の方が長い時間ゆっくりと行うことができるのでより脂肪を燃焼することができるんです。
逆に無酸素運動は有酸素運動以上に基礎代謝を上げることができます。

 

有酸素運動として有名なのはやっぱりウォーキングジョギングです。
ウォーキングやジョギングは設備や器具などが必要ないので、今日からでも始めることができるんじゃないでしょうか。

 

特にウォーキングに関しては通勤や通学にも取り入れることができるので、時間がないという人も手軽に行えますね。

 

他にも有酸素運動はいくつかあり、どれを行っても構いません。
ヨガなんかも最近はやりで、やってみたいと思っていた人も多いのではないでしょうか。
教室が近くにある、という人は通ってみてもいいかもしれません。

 

スイミングは水中で行うので怪我のリスクも小さく、それでいて結構な負荷がかかるので脂肪燃焼もかなり期待できます。
プールが必要なので誰もができる有酸素運動ではないかもしれませんが、近くにプールがあるという人には有力な候補だと思います。
他にもサイクリングなんかもしっかり脂肪を燃焼することができますね。

 

有酸素運動の例

  • ウォーキング(←オススメ)
  • ジョギング
  • ヨガ
  • スイミング
  • サイクリング

 

 

防風通聖散と運動は併用するべき?相乗効果の高い運動がコレ!

 

有酸素運動をするときに注意すべきは、無理をしないということです。
特に、きつい運動であるジョギングやスイミングなどは挫折してしまう可能性も高いです。
脂肪燃焼のことだけを考えてきつい運動を選んでしまうと、辛くなって挫折して防風通聖散を使うこと自体やめてしまう可能性があります。

 

また、実際にきつい運動をすることに挫折して防風通聖散を始めた人もいるかもしれません。
どんな運動でも、継続することが大切です。無理せず続けられるものを選んで、着実に痩せていくようにしましょう。

 

また、毎日長時間行う必要もありません。
毎日行わなければ意味がない、20分以上継続して有酸素運動しないと脂肪は燃焼されない、という言葉を聞いたことがある人は少なくないと思います。

 

これらは勘違いで、別に毎日長時間行わなくても脂肪は燃焼されます
時間のある週末だけ運動したり、通勤のときに少し長めに歩いたりするだけで十分効果があるんです。

 

そんなことよりも、半年や1年と長く続けることの方がはるかに重要です。
最初から気合を入れすぎて、後に続かないような努力はしないようにしましょう。
防風通聖散の脂肪燃焼効果があるので、生活に気を付けていれば自然と痩せていくはずです。

 

 

筋トレをして基礎代謝を上げるのもおすすめ

 

ダイエットに筋トレは必要ない、筋トレをしたら逆に太くなるという人も少なくありませんが、実は筋トレをすることがダイエットに役立つんです。

 

ダイエット=有酸素運動 と考えている人は考えを改める必要があります。

 

筋トレをして基礎代謝をしっかりあげることでどんどん脂肪が燃えやすい体になっていくんです。基礎代謝が上がることによる最大のメリットは、太りにくく痩せやすい体を作ることができるという点です。

 

有酸素運動で脂肪を燃焼しても、次の日に食べすぎた分には効果がありません。
しかし、無酸素運動で基礎代謝を高めておけば、多少食べ過ぎても代謝が上がっていれば簡単には太りにくくなります。

 

すぐに脂肪を燃やすことができるわけではないので、脂肪が減っていると感じるまでの時間はかかるかもしれませんが、しっかり毎日行っていれば痩せる速度自体は有酸素運動よりも早いです。

 

とはいえ、無酸素運動の代表である筋トレでは自分をかなり追い込んで行うので、継続できないという人が多いかもしれません。ダンベルやバーベルを使っておこなうベンチプレスやスクワット、デッドリフトなどを想像して自分には絶対無理と思う人も少なくはないでしょう。
もちろん、腕立て伏せなど軽い負荷の種目をしてもいいんですが、それでもきつい種目であることには変わりません。

 

防風通聖散を使う人の中には、できるだけ楽に痩せたいと思っている人が多いと思います。
正直、筋トレが続けられるくらいなら防風通聖散なんて使わない!と思う人もいると思います(笑)

 

ですので、無酸素運動はできる人だけ行うのがいいと思います。
防風通聖散と軽いウォーキングなどの有酸素運動からはじめて、もっと痩せたい、もっと運動したいと思った人だけが無酸素運動を始めればいいと思います。

 

防風通聖散を使って、暴飲暴食せずに軽い運動を取り入れていれば体重はきっと落ちてくはずです。それだけでも十分納得できる効果が得られるはずです。
とにかく無理せず長く続けることを意識しましょう。

 

 

筋肉をつけるメリットは?

無酸素運動をすることによって筋肉を付けるメリットは基礎代謝の向上だけではありません。筋肉を付けることによって脂肪の量は変わらなくても体型が良く見えるんです。

 

例えば、お尻の筋肉を鍛えると、お尻の脂肪が持ち上がってヒップラインが上がり、足が長く見えます。
他にも、胸の筋肉を鍛えると胸の脂肪が持ち上がってバストアップ効果がありますし、背中の筋肉を鍛えると脇腹あたりの脂肪が持ち上がり、お腹も少し引き締まって見えるんです。

 

多くの女性の憧れである美しいくびれは、お尻と背中の筋肉なしには作り出せません。
脂肪を落とすだけなら有酸素運動でも十分ですが、こういった効果は無酸素運動ならではですね。

 

 

筋トレのメニューはどうやって組めばいいの?

無酸素運動で最も取り入れやすいのは筋トレだと思います。
筋トレであれば自分の鍛えたい部分を狙ってトレーニングできるので、自分の目指す体型を作ることができます。

 

特別鍛えたい部分があるわけではなく、ダイエットのために筋トレを行いたいだけだと、どんなメニューで筋トレをすればいいのかわからない、という人もいるかもしれません。
具体的にどんなメニューを組めばいいのか説明したいと思います。

 

まず、ダイエットのために筋トレをするということであれば、目的は基礎代謝を上げることです。
基礎代謝を上げたいのであれば、大きい筋肉を鍛えるということが大切です。筋肉が必要とするエネルギーは筋肉の大きさに関係するからです。

 

人間の体の中で特に大きな筋肉は、背中、胸、太ももの3つです。
これらの筋肉を鍛えるメニューを組みましょう。

 

背中だと懸垂バックエクステンションなどが比較的簡単に行える種目です。
バックエクステンションはうつ伏せに寝て、背中をそらす運動です。そらしすぎると背中を痛めてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

胸は腕立て伏せがおすすめです。腕立て伏せができないという人は膝を付けて行いましょう。

 

太ももはスクワットジャンプなどがおすすめです。

 

これらの種目を行うだけでも十分な効果が期待できますので、できる範囲で取り入れてみましょう。

 

 

こんな時は運動しないようにしましょう

防風通聖散と運動を組み合わせることで、痩せる速度を上げることができます。
基本的には防風通聖散と組み合わせて運動を行うのがおすすめです。

 

しかし、場合によっては運動しないほうがいい時もあります。
人によっては防風通聖散を飲むと脱力感や動悸、頻脈、不眠などに襲われたり、下痢になってしまったりする人もいます。

 

そういう人はより原生薬の量が少ないものを使うなどして副作用を抑える必要があります。
また、こういった副作用は運動能力を下げたり、体を弱らせたりするのでこういった症状があるときは運動するのは避けるようにしましょう。
場合によっては事故や怪我などに繋がってしまうこともあり、大変危険です。

 

体調が悪いときは無理して運動をする必要はありません。
無理をして体調がもっと悪くなってしまっては元も子もないですよね。
長期的に運動を続けることが大切だということを肝に銘じておきましょう。

 

 

運動でダイエット効果アップ

防風通聖散と運動は併用するべき?相乗効果の高い運動がコレ!

 

もっと早く痩せたい!効果が出ない!そんな人は防風通聖散と運動を組み合わせましょう。
しかし、無理をしてモチベーションが下がってしまっては元も子もないので、自分が継続してできることをしっかり考えて、自分に合ったペースで運動を取り入れていきましょう。

 

しかし、副作用などで体調がすぐれない時は運動をしないという決断も大切です。早く痩せたいからと無理をしてしまうと、もっと長い間運動ができなくなってしまう可能性があります。
自分の体調をしっかり判断して、適切に運動を取り入れるように心がけましょう。

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加