防風通聖散 アルコール お酒

防風通聖散はアルコールを摂取するときは飲んじゃダメ?

 

薬を飲むときは水かぬるま湯で、というのは有名ですが、防風通聖散はどうなのでしょう。

 

防風通聖散は体調不良の時に飲むというわけではないので、防風通聖散を使用しているときに飲み会などに誘われるということはあると思いますし、付き合いなどでお酒を飲む必要のある人もいると思います。

 

そういう時に防風通聖散も飲んで大丈夫なのか?というのはあらかじめ知っておいた方がいいですよね。

 

アルコールの摂取と防風通聖散についてまとめてみましたので、お酒を飲む人は参考にしてみてください。

 

 

防風通聖散を飲むときにアルコールを利用していい?

 

なかなかそんなことをする人はいないかもしれませんが、お酒で防風通聖散を飲んでも良いのでしょうか?

 

答えは「絶対にダメ」です。効果に影響が出てしまいますので、必ず水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

 

 

アルコールを飲むときに防風通聖散を飲んでもいい?

 

お酒を飲む前や飲んだ後に防風通聖散を摂取するのは大丈夫なのでしょうか?

 

基本的にはお酒を飲むときは防風通聖散を飲むのはやめた方がいいです。副作用効果が弱まってしまう可能性があります。

 

もともと防風通聖散は胃腸や肝臓に多少の負担がかかってしまうので、肝臓に多大な負担をかけるアルコールの分解と同時に防風通聖散を摂取するのはおすすめできません。

 

体のためにも防風通聖散はお酒を飲むときは摂取しないように心がけておきましょう。

 

具体的には前後1時間はお酒と防風通聖散の間に時間を設けましょう。

 

 

お酒を飲むことが決まっているときはどうしたらいい?

 

すでにお酒を飲む時間が決まっているのであれば、防風通聖散を摂取する時間を調整するのがおすすめです。

 

もちろん、お酒を飲む日には防風通聖散を飲まないようにしてもいいのですが、防風通聖散は継続して摂取するのが、効果を出すために一番重要なことなので、1日飲まないようにするのはもったいないです。

 

時間の調整の仕方ですが、防風通聖散は1日3回飲むので、この3回分をアルコールを飲むまでに飲んでしまうのです。

 

ただし、一気に3回分飲んだり、間隔を開けずに3回飲んだりするのはおすすめできません。最低でも4時間は間隔をあけて飲むようにしましょう。

 

 

お酒でなければ一緒に飲んでもいい?

 

では、お酒以外の飲み物ならばいっしょに飲んでもいいのでしょうか。

 

もちろん、そんなことはなく、防風通聖散は水やぬるま湯以外では飲まないほうがいいですし、前後30分程度は水以外の飲み物は飲まないようにするべきです。

 

効果を早く出したり、副作用を防いだりするためにも、飲み物には気を遣うようにしたいですよね。中には漢方の苦味などが苦手という人がいるかもしれませんが、頑張って水やぬるま湯で飲むようにしましょう。

 

防風通聖散の飲み方については、こちらに書きましたので参考にしていただければ幸いです。

 

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加