防風通聖散 効きすぎ 1/2、2/3処方 おすすめ

防風通聖散が効きすぎて怖い人には1/2、2/3処方がおすすめ!

 

ダイエット効果が非常に高いことで有名の防風通聖散ですが、中には下痢になってしまったという人もいるのではないでしょうか。

 

そうでなくても、

  • お腹がもともとゆるい方だ
  • 効き過ぎるのが怖い
  • 価格が高いからまずは安く試したい
  • 痩せすぎるのは嫌だ

という人もいるかもしれません。

 

そういう人におすすめなのが、1/2処方や、2/3処方の防風通聖散です。
実際2/3処方のものも多く売られているので、満量処方ではないものを選ぶ人も多くいます。

 

でも、商品が多いということはどれがいいのか選ばなければならないということでもあります。
漢方の選び方なんてわからない、という人も少なくないと思いますので、どの防風通聖散がいいのかをまとめてみたいと思います。
防風通聖散選びに悩んでいる人はぜひ役立ててみてください。

 

 

1/2処方や2/3処方の防風通聖散

 

商品名 販売元 価格 入り数 1日当たり 原生薬量 処方量 形状
防風通聖散エキス顆粒 ツムラ 5,500円 64包(32日分) 171円 1315mg 1/2処方 顆粒
新コッコアポA錠 クラシエ 6,858円 480錠(40日分) 171円 1315mg 1/2処方 錠剤
コッコアポEX クラシエ 4,000円 312錠(26日分) 153円 1587mg 3/5処方 錠剤
新・ロート防風通聖散錠T ロート製薬 4,082円 224粒(28日分) 145円 1812mg 2/3処方 錠剤
漢生爽楽 漢方生薬研究所 2,980円(2回目~6480円) 60包(30日分) 99円(2回目~216円) 1812mg 2/3処方 顆粒
EGタイトpure 漢方生薬研究所 980円(2回目~3240円) 225粒(15日分) 65円(2回目~216円) 1812mg 2/3処方 錠剤

 

表のように、防風通聖散はいくつかありますが、最初におすすめできる防風通聖散は

 


EGタイトpure」です。

 

長所はたくさんあるんですが、一番大きな理由は価格が安いからです。

 

漢方薬を比較するときに重要となるのが原生薬の量なんですが、2/3処方のもので比較するなら原生薬の量は変わりません。なので、後は比較するなら単純に価格だけ。

 


⇒【980円お試し】EGタイトPure防風通聖散はこちら

 

こちらがお試し一回ではありますが980円。激安中の激安です。
ただし、2回目からは通常の値段になってしまうので、2ヶ月間買うならお得です。(いつでも解約できます)

 

また、値段ではなく効果が早く出てほしいなら、溶けやすい防風通聖散がおすすめです。
「漢生爽楽」は顆粒タイプで溶けやすいので、顆粒タイプがこちらを試してみてもいいかもしれません。

 

【漢生爽楽】防風通聖散初回キャンペーンはこちら

 

 

原生薬の量が気になる人のために、防風通聖散での処方と原生薬の量の関係をまとめておきます。

満量処方:27.1g
2/3処方:18.1g
1/2処方:13.55g

 

 

1/2処方では満足できない可能性も…

そんなにしっかりダイエットがしたいんじゃなくて、少しだけ痩せたい、少し便が溜まっている気がするので解消したい、その程度であれば2/3処方よりもっと少なくてもいいかもしれません。

 

そんな人におすすめなのが、1/2処方です。ただし、中には効果が出なかったという人もいるのであくまでも、2/3処方より原生薬の量が多いと下痢になってしまうという人に利用をおすすめします。

 

もちろん、1/2処方のものがちょうどよかったという人もいるんですが、やっぱり量が少なすぎて効果を感じられなかったという人も多いので、もしかしたら効果が小さすぎて満足できない可能性もあります。

 

結局満量処方や2/3処方のものを使うことになったり、防風通聖散を使うこと自体をやめてしまったりする人も多いので、初めから原生薬の量が多いものを選んだほうがいいかもしれません。

 

原生薬の量が多い方が効果が出ますので、中途半端な量は無駄になってしまう可能性もあるんです。そうなってしまうなら、最初から原生薬の量が多いものを選んでおいた方がお得です。

 

せっかくお薬を買うんですから、基本的に原生薬の量が多いものを購入する方がおすすめです。

 

 

もし効果が強すぎるなら

もし効果が強すぎるのであれば、飲む量を減らしたり効果の出にくいタイミングで摂取したりするなどの方法があります。

 

実は、満量処方の防風通聖散を購入して、半分に減らすなどの工夫をしたほうが、効果が物足りなかった時に満量処方に切り替えるのが簡単なのでおすすめです。

 

満量処方の防風通聖散はこちらで比較・解説しています。

 

どれがおすすめ?各社の防風通聖散の違いと比較!

 

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加